簡単だから続けられる【プレミアムブラントゥース】

研磨剤入りの歯磨き剤やホワイトニング剤で丹念に歯を磨けば歯は白くなる・・・そう簡単なものではない話。

01

普通一般的な従来品の歯磨き剤に「研磨剤」という代物がたいてい原材料の中に含まれているのをご存知でしょうか?

研磨剤の話を聞いて、今あなたが現在自宅や普段持ち歩いている「歯磨き剤」を手にとって、チューブの裏側に書かれている「成分一覧」をチェックしてみてください。

チェックしてみるとおそらく成分書き一覧には「研磨剤」という言葉が入っている歯磨き剤はまずないと思います。

現在販売されている歯磨き剤には、ほぼ「研磨剤」は入っているのですが、メーカー側はそれを「研磨剤」とは表記していません

では何と表記されているのか?

清掃剤

おそらくこの「清掃剤」という言葉を探していただくと大抵の歯磨き剤の裏にはあるはずです。清掃剤と書かれてそのあとに、「含水ケイ酸」とか、「無水ケイ酸」と書かれているはずです。それが研磨剤になります。

で、黄色くなった歯を一般の市販されているホワイトニング剤で歯を白くしようとするときに、この「研磨剤」の有無をチェックしていただきたいのです。

研磨剤に関しては諸説あり、研磨剤入りでないと黄ばんだ歯は白くならないとか、研磨剤入りで歯を磨くと歯を傷めるという2つの意見が主なものになります。

私は冒頭の記事でタバコのヤニ取り歯磨きについて書いたように、色々なヤニ取りを試してみたものの私のヤニで汚れた黄色い歯はほとんど白い歯には変わりませんでした。

で、このときに使ったヤニ取り歯磨きがかなり研磨剤の含有量が多かったみたいで、歯を傷めるだけで本来の目的を達成できる製品はほとんどなかったように私は感じました。

またこの研磨剤のことに関しては私のいきつけの歯科医院のスタッフの方もなるべくなら「研磨剤」の入ってない「歯磨き剤」を使った方が歯のためにはよいですよと教えてくれました。

なので、そのことが頭にあって市販のホワイトニング剤を探すときに「研磨剤が入ってない商品」を私はさがしました。

しかし、これが私の探し方が悪かったのか「研磨剤が入ってないホワイトニング剤」がなかなか見つけることができませんでした。

ところが前回アップした記事で書いた3回目に試したホワイトニング剤には研磨剤が入ってなく、研磨剤不使用の文字が確認できたのです。

この3つ目のホワイトニング剤はその使用感と結果が、あまりにもそれ以前に使ったホワイトニング剤よりも優れていたので継続して使用することを即決したのですが、それプラス、成分に関する情報においてさきほど書いたように研磨剤不使用と書かれていたのが目に入り、その商品を使うのを決定づけたことになりました。


タバコを吸う人の新常識【プレミアムブラントゥース】

研磨剤が入ってなくても黄色い歯が白くなるホワイトニング剤はある!

02

実はさきほどから書いている3回目にトライしたホワイトニング剤は、実験前にその成分を私は確認していませんでした。

あくまでも大手の通販サイトで人気のある商品や、ネットで手に入る良い口コミの商品を取り寄せて試しに使ってみたのでした。

それで3つ目に取り寄せたホワイトニング剤が、たまたまその使い心地やホワイトニング効果の高さを実感できたので即決でその商品を使い続けることを決めたのですが、そのあとになってホワイトニング剤の販売サイトを確認していたら「研磨剤不使用」と書かれていて、このホワイトニング剤は研磨剤使ってないんだということに気づいた私でした。

そこで思ったのが、それまでに使ってきたホワイトニング剤2つを確認してみると、いずれも「研磨剤」が使用されていたんです。

さらにタバコのヤニ取りを目的として以前購入した「ヤニ取り歯磨き」は研磨剤がかなり入っていたにもかかわらず、私の黄色い歯は白くなることがありませんでした。

となると、私がこれまでに体験してきたことを総合的に考えると歯を白くするためには必ずしも研磨剤はいらないといえると思います。

また多くの専門家などの声をチェックしてみると、やはり研磨剤は私達の歯にとっては好ましいものではないようですし、長期間使い続けることを考えればホワイトニング剤も研磨剤が入ってないものを使うのが望ましいと私は思います。

ですので、これからあなたが自宅で使うホワイトニング剤を探すのであれば、研磨剤不使用の商品を選ばれることをおすすめします。


タバコを吸う人の新常識【プレミアムブラントゥース】

それでも研磨剤入りのホワイトニング剤がお手頃で良いという方は自分の状況に合わせて購入の検討を!

03

洗濯や食器洗いの時に使う洗剤などを使うときに、泡立ちがよくないと汚れが落ちないと考える方多いように思います。

これと同じ論理で、歯磨き剤やホワイトニング剤に「研磨剤」がしっかり入ってないと黄色くなった歯は白くならないと思われている方がいるようです。

確かに汚れの原因によってはこの研磨剤入りの商品がその効果を発揮することもあろうかと思いますが、その研磨剤入りの歯磨き剤などをそのままずっと使い続けるとどうなるでしょうか?

研磨剤は読んで字のごとく、歯についた汚れなどを削りとって着色の原因となっている物質を物理的に除去してるわけなので、当然その原因物質が削りとれるとあとは歯の表面がむき出し状態になります。

その状態になってもそのまま研磨剤入りの歯磨き剤を使い続けると当然歯の表面を傷付けることは容易に想像できます。

なのでどうしても研磨剤入りのものでないと自分の歯は白くならないと頑なに思われている方は、まずご自身の現状についてチェックして見られることをおすすめします。

自分の歯がどのようなことが原因で黄色くなっているのか、できれば自己診断ではなく専門の歯科医院でチェックしてもらって研磨剤入りのホワイトニング剤でも可というのであれば使われてもよいかもしれません。

しかし、先に書いたように私などはタバコのヘビースモーカーで、歯石取りもあまりやってなかった状態で研磨剤がかなりはいっていたヤニ取り歯磨きで一生懸命にケアしたものの全くその効果をえることができず、何度も書いていますが独自で試した3つ目の「研磨剤不使用」の商品で見事に白い歯を手に入れることができました。

ですので、研磨剤の信奉者の方は研磨剤が入ってなくてもホワイトニング効果がある商品があることを是非知っていただきたいと切に思います。

この頑なな研磨剤信奉者は、私が見たところどうもある程度年齢がいった中高年、特に高齢者の方に多いように思います。

高齢者の方であればなおさら、研磨剤が入ってないホワイトニング剤や歯磨き剤がよいと思うのでご家族の方などがぜひ研磨剤が入ってなくても歯を白くする商品があることをお伝えいただければと思います。